スポンサーリンク

乳がん闘病記

乳がん闘病記(19)カルボプラチン×ジェムザール1クール(8日目)

今回はカルボプラチンとジェムザール投与時の1クール、8日目の事を書いていきたいと思います。

朝からいつものごとく首が痛いまま。

パパに息子を幼稚園へ送ってもらい、

パパはそのまま出張へ。

 

今日は昼から2回目の抗がん剤。

首の痛止めについても、

今日なんとかしてもらわないと、

今晩から金曜まで息子と2人きり。

 

12:30自分で運転できない為、

お友達が私の病院へ送ってくれた。本当感謝。

 

本日は13:30から投与開始。のはずが!!

先週、熱出して救急外来で下った診断が炎症?肺炎?だった為、抗生物質が出された。

なんと抗生物質が終わるまで抗がん剤治療できないのと!!

 

えー!?そんなんで良いの!?

 

救急外来での診断、肺炎?炎症?はそもそも正しいの!?

肺炎に見えてんのは放射線んの名残じゃなくて?

熱は副作用で出たんじゃなくて!?

本当に炎症起こしてたんだろうなぁ?

 

そんな診断で大元の治療が遅れるなんて。

今日は抗がん剤できないからまた電話するって。もう針さしたのに。

 

それともう1つ「はい!?」なのが、痛み止めも処方してくれなかった!!

主治医が明日来るから明日とか言っちゃって。

そんなことある!?

 

痛くて生活できないって言ってんのに。

この病院には主治医しか薬出せる人いないんか!?

「今日私痛み止め何ももらえないの!?」

って結構食い下がったけど、看護師さんに言ってもね。

 

電話するから!の一点張りだよ。

結局薬もらえないまま帰る羽目になってる自分が悲しいし、

なんだこの主治医じゃないと薬出さないシステムが悔しいし、

首は痛いし泣けてきた。

 

私本日来た意味ひとつもなーし!

せめて抗生物質終わらせないと打てない事、事前に知らせてよー。

針さして、これから点滴って体制で知らされる事なのそれは?

ってか痛み止めー!なんか出そうよ痛がってんだから。病院なんだから。

とことん残念な自分の運命。もう勘弁だよ。

 

送り迎えしてくれた友達は、

私をアパートに下ろして、

そのまま息子を幼稚園まで迎えに行ってくれた。

 

首が良くなるまで、

息子は彼女の家で夕飯を食べ、

お風呂に入れてもらい、

歯を磨いて、

パジャマで送り届けてくれるらしい。

本当神様だよー。心から感謝してゆっくりさせてもらおう。ありがとう。

スポンサーリンク

ブログランキング参加してます。ぽちっとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-乳がん闘病記

© 2021 乳がん闘病記