スポンサーリンク

乳がん闘病記

がん患者の恐怖

本日も妻のブログメモから。

 

しかし、ガン患者は本当に告知のオンパレードだなと思う。

(ガン患者以外になった事はないので、なんとも言えませんが、きっとどの病気もそうかも)

 

再発前は検診の度に転移告知されるんじゃないかと怯え、

再発したらその状況の変化に怯える。

 

マーカーの数値が上がった。

 

腫瘍が大きくなった。

 

〇〇に新たな転移が出た。

 

悪いことを言われるんじゃないか、

 

いつ「今の薬を中止します」と言われるかと毎回毎回ヒヤヒヤする。

ハートが持たない。

 

少しでも咳や痰が出ると、肺転移悪化か!?

声がガラガラかすれてる気がすると、

リンパの腫瘍が声帯を刺激しているのでは?

と不安になる。

でも再発してしまった今、

徐々に症状が現れてくることは当然と考えなきゃいけないのかも。

 

怖いのはそのスピード。

限りある薬をたった数か月で打ち切られてしまうこと。

 

友達が遠くから遊びに来てくれる計画を立ててくれた。

今から約4か月後のこと。

4か月か。

今の私にとってはとてつもなく長い期間。

 

未来の予定を立てるのが怖い。

どうか3か月後、

半年後も今の薬を使い続け、

今と同じ状態でいられますように。

スポンサーリンク

ブログランキング参加してます。ぽちっとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-乳がん闘病記

© 2021 乳がん闘病記